成長に合わせた変身バイク!『くまのプーさん おしゃべりウォーカーライダー』 #16

 落ち着いたベージュと赤の組み合わせで優しい色合い、手押し車からライダーバイクに変身する車体はスリムで少し成長した子供が遊んでも十分に楽しめます。プーさんの音声や音楽が、子供の歩き練習のやる気スイッチを高めてくれる『くまのプーさん おしゃべりウォーカーライダー』をレビューします。

1.購入理由


 上の子がつたい歩きをするようになってきた頃に歩行を補助する乗り物がほしいと思っていました。手押し車は色々と種類がありますが、手押し車のみだと赤ちゃんの時期しか使えないので長く使用できるものを探していました。そこで、①歩く速さによって速度を調整できる・②手押し車とライダーバイクに変身する・③成長に合わせて長く使用できるの3つを全て叶えてくれる『くまのプーさん おしゃべりウォーカーライダー』を購入することにしました。

<購入までの悩みはこちら
(1)成長に合わせて長く使用できる乗り物が欲しい
(2)つたい歩きの練習ができる乗り物が欲しい
(3)デザインがシンプルで大きすぎないものが欲しい

2.購入したモノ


 購入したものは、『くまのプーさん おしゃべりウォーカーライダー』です。耐荷重18kgとの事で、対象年齢10ヶ月くらいから3歳頃となっていますが、我が家では5歳の息子と1歳の娘がたまに乗って遊んでいます。耐荷重18kgまでなのできちんとした乗り方をすれば長く使用できる乗り物おもちゃだと思います。

他に下記の機能がついています》
・速度を調節できるレバー付き
・ハンドルを固定したり自由に動かせるレバー付き
・シートボックスは上下反対にしてお人形を入れる箱にしたり椅子にできる
・プーさんの音声つきおもちゃがついている
・タイヤは床が傷つきにくいラバータイヤ(ゴムのような素材です)

◆手押し車モード、カゴもついていておもちゃを入れる事ができます。
◆バイクモードはこんな感じです。
◆ハンドルについているプーさんは取り外し可能です。スイッチを押すとプーさんがおしゃべりします。

◆スピード調整バルブで歩行スピードを調整できます。小さい子供の歩行を手助けをしてくれます。

3.実際に使ってみての感想&まとめ


 クマのプーさんおしゃべりウォーカースライダーを使用した感想を書いてみました。
使用から5年が経ち良かったところと、気になったところをまとめてみました。

<良かったところ>
(1)成長に合わせて手押し車からライダーバイクに変えられる
(2)落ち着いた配色で部屋馴染みする
(3)つたい歩きの時期から子供まで長く使用できる
(4)ハンドルはロック解除ボタンで固定したり自由に動かすことができる
(5)進む速度を調節できる
(6)スリムな車体でデザインがかっこいい

<気になったところ>
(1)プーさんの音声が流れるおもちゃが簡単にはずれてしまう
(2)タイヤにゴミがくっついたりする
(3)スリムな車体なので横に転倒することもある
(だんだん慣れて転びかたも歩きかたも上手になっていきます)

<まとめ

 上の子の時から使用して5年が経ちました。我が家には室内乗り物が2台あります。くまのプーさんおしゃべりウォーカースライダーは、今は下の子が乗って、もう一台の車は上の子が乗るという形で兄妹で楽しく遊んでいます。バイクは耐荷重18kgまでなので、たまに兄妹でバイクと車を交換して乗ってみたり遊びの幅も広がっています。室内で体を動かせる貴重な乗り物なので重宝しています。なるべく何もない空間で広々と遊ばせてあげると笑い声をあげて子供達も満足した様子です。

 我が家では、部屋から玄関の廊下まので距離が直線で繋がっていて長いため、レースのようにしてバイクと車で行ったり来たりして遊ぶこともあり見ていて楽しそうです。遊び方は工夫すると無限大に膨らんでいきます。購入して5年経ちますが今後もまだまだ活躍してくれそうです。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。