運動神経の可能性を広げる!1歳半から始める ストライダー スポーツモデル (STRIDER Sport) 12インチ #20

 スッキリとしたフレームと、鮮やかな車体色とSTRAIDERの文字が輝いて見えるカッコ良い子供用自転車!今回は好奇心を育てていく『ストライダー スポーツモデル(STRIDER Sport) 12インチ』をレビューします。

1.購入理由


 1歳~6歳くらいまでの幼児期は運動神経を伸ばすプレゴールデンエイジと言われています。そんな時期に子供に遊びを通じて沢山体を動かしてもらいたい、運動神経を鍛えてほしいと思っていました。私は小さい頃から運動が大の苦手で運動会を心から楽しめたことがありませんでした。子供には体育や運動会が楽しいということを知ってほしい、足が早くなってほしいという願いもあり、早い時期から遊びながら運動ができる乗り物に乗せたいと考えていました。そこで楽しく体を動かしながら自転車にも乗れて、早く走ることも鍛えれる『ストライダー スポーツモデル(STRIDER Sport) 12インチ』を購入することにしました。

〈購入までの悩みはこちら〉
(1)幼児期から遊べる乗り物を購入したい(できればかっこいいデザインのモノ)
(2)運動神経を鍛えて足が早くなってほしい
(3)丈夫で長く使用できる子供用自転車がほしい
(4)安全性が高いものがほしい

2.購入したモノ


 購入したものは、『ストライダー スポーツモデル (STRIDER Sport) 12インチ 』です。
対象年齢は1歳半~5歳のペダル無しのモデルで、地面を蹴って乗るタイプのものです。まだ自転車に乗れない幼児がバランス感覚を鍛えるのに適しており、次のステップでペダル有りの自転車に簡単に移行できるらしいです。あと地面を蹴るので脚力が鍛えられ、かけっこも早くなるかなと密かに期待してます。

<ストライダーの特徴>
(1)2、3歳で持ち上げられる軽量性がある
(2)突起物のない安全構造
(3)ハンドルは360°回転する(転倒時ハンドルロックすることなくぶつかる衝撃を和らげてくれます)
(4)空気を入れなくて良い(純正樹脂の硬いEVAタイヤを使用)

ストライダーは様々なモデルが出ているようです。

◆クラシックモデル  11,990円(税込)
 シンプル構造なベーシックモデルです。価格も一番安いです。
 ・重量 2.9kg
 ・カラー全4色 レッド・グリーン・ブルー・ピンク
 ・体重制限 27kgまで
 ・スポーツモデル 14,850円(税込)

◆スポーツモデル 14,850 円(税込)
 一番売れているらしいモデルです。クラシックモデルとの違いは、サドルの位置調整や足乗せ台やハンドルバーパットなどが追加されてます。更に色展開もクラシックモデルより多めです。私はこのモデルのオレンジを購入しました。
 ・重量 3.0kg
 ・カラー全7色 グリーン・レッド・ブルー・ピンク・オレンジ・イエロー・ブラック
 ・体重制限 27kgまで
 ・付属品 フットステップ、ハンドルバーパッド、クッションシート、XLロングポスト

◆プロモデル  23,100円(税込)
 競技用自転車で使用できるアルミ製フレームの軽量モデルのストライダーです。ストライダーは大会もしており、本格的に大会で勝ちたい人向けでしょうか。値段も一番お高いです(ちょっと手が出ないお値段…)。
 ・重量 2.5kg
 ・カラー全5色 シルバー・メタリックマルーン・メタリックアクア・ウルトラブルー(完全限定生産)・メタリックパープル
 ・体重制限 27kgまで
 ・付属品 アルミフレーム、ナンバープレート、フラットアスクルボルト、フットステップ、ハンドルバーパッド、クッションシート、XLロングポスト

更にストライダーはアクセサリーが色々あり、自分好みにカスタマイズできるのも楽しいところです。ハンドルやタイヤの色を変えたりできます。

3.実際に使ってみての感想&まとめ


ストライダースポーツモデル(STRIDER Sport) 12インチを使用した感想を書いてみました。
使用から4年が経ち良かったところと、気になったところをまとめてみました。

〈良かったところ〉
(1)軽いので持ち運びが便利(4歳の子供でも持ち上げられる)
(2)足を乗せるフットプレートが付いている
(3)椅子の高さを程良く調整できる(285mm~475mmの間で調整可能)
(4)足がつくので1歳半の子でもよちよち歩きで乗ることができる
(5)地面を歩いたり蹴ったりして脚力を鍛えられる
(6)補助輪なしですぐに自転車に乗れる感覚が身に付く
(7)対象年齢1歳~5歳までと長く使用できる
(8)カスタムパーツが付けられるため自分だけのオリジナルストライダーが作れる
(9)自分でストライダーを動かすことでチャレンジ精神が身につき子供の成長力にもつながる

〈気になったところ〉
(1)ブレーキは付いていないので子供のスピードの出し過ぎには注意
 (小さい子供にはブレーキを握る握力がなく動作をすることが難しいため、反射神経で足で止まる仕組み作りになっている)
(2)椅子の高さ調整する留め具には結構な力が必要(しっかり固定するので安心感はある)

<まとめ>
 後々下の子も使えるように男女兼用で使えそうなオレンジを購入しました。上の子は2歳から乗り始め、最初はサドルに乗らずヨチヨチ歩きでストライダーにまたがっていましたが、特に何かを教えたという記憶はないのですが、気づいたらあっという間にサドルに乗って足で蹴ってストライダーを操作していました。上の子は慎重派なのでスピードは若干ゆっくりですが、最近ではようやく足を離して坂から下ってみたり、スピードを出して色々なことに挑戦できるようになりました。意欲的に楽しんでいて成長力が鍛えられて良いなと感じています。下の子も2歳くらいになったらストライダーに乗せてあげようと思います。今後の我が子の成長が楽しみで、公園に遊びに行く際は結構な頻度で活躍しており、本当に買ってよかったです。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。